BLOG

 

I3TA-oyL_Puzeoe4JZtae1kO_Bh

 

 

iLrl5oHa61P7MiRH-A9MYsylHtg

 

 

8LPaY0Bq2vQbhOiry1nkSWpo1GA

 

 

r5GXNckHLX9Eso4KGmcwBnb5Ydx

 

 

VZH6SDJbTAZn4UD7DlLCfBNNnM1

先日は、「重要無形文化財保持者」の絣工房へ、お伺いしました。

4年前程から、絣の職人さんとはファッションショーやイベントなどでお世話になっている仲。

久しぶりの「藍の香り」、「深い青」、「職人さんとの時間」など、心地のよい時間を過ごしました。

今回染めたアイテムは、来年までにさらに育てて、異文化の土地の風と交差させたいと思っています。

kVRZfcADqduqoDmZiTQNpn6EYtfCqeYpe2TOcyM8FhA

未来に輝いてくれる選択がそこにはいつもある。それに気づき、情熱的に向き合っていく事をまた、何気ない時の中で学んでいるのです。

 

zeZm0uHSWjZkx6ZsHOuiwgcwaJ6QaNl7q16AcALsLVo

今年は特に、テクスチャ・テキスタイルと様々な視考に浸れている。

今年に入り、様々なWEBメディアで500記事程、ファッション分析・解説のライティングをさせて頂いた。

未熟ながらも、全ての納期が終わった6月頃には、これまで見ていた花も、なんだか違って見える。

もしくは、違うように見ようとしている。それは、新鮮で面白くも感慨深い様子。

 

eenRvTBn7Q19zpL8EzcdCpZBN0j8S7Z4X6rlU3uIfjw

僕の中にある読む日は、見る日でもある。

何かを読む事で、リセットする必然性が必要となる創造性になる。

yEJ3dSrlUGshVCXuIhBR0VsL-9xy0tR4eSEh42iRjNg

 

 

Y_LxI9DCBn1X2rHMROKhZHeCbtbgl55YlqnJlQdQh-Q

 

 

68qShuQbcOcUDIQSFGzAf4C-i4IffhOTYyoF-cNZJ-c

 

 

sJmtdIGBMBpk6xqkod27_SvPMwa3r4gFSg5LDiw5uW0

 

 

JfplqXVJgmWEe3TJiJL3dWy3Nsv6tjcZnLwru9CVT2M季節ごとに、各地では様々なクリエイションと創造がある。

まだまだ、触れ続けて発信し続けて、今年も。

 

 

HtiOwY5yhne3sF6I3-NGEXqb-Wb

 

 

6jJx2E0FvzYfDm8kwenrq2vMzxI

 

 

 

J4f4PeRcBkX3WXKc2WoOuv9TaAo

仕事で地方を周る事、常に衣と人と物と空間との触れ合い。

朝も昼も夕方も夜も常に変化し続け、同じ空間は感じられない。

だからこそ、刺激的に情熱的にそれと真剣に向き合い、そして感じる。

 

B6jHRZCjn_FQyHu02ELpqMvD5b2

 

w5GwliIGnF-NhEzOoO9eszMARyV

 

 

piqb-pD6NQQX_51IpZRyMv-f9Gk

今年の夏も様々な地域の青、走り抜けた。

そしてまた、明日の青を楽しみにしている。

 

8YMafGuzvwYSzFas7hePFwMijdo

 

 

tu0xda4DOeGWmfdVeHcumip96Zu

私が雷門を通る時はいつも早朝の様だ。

言わば早朝の道中ではあるが、今日はまた違う現場へ。

そして、また違って見える今日の早朝。

 

dd65573t-G1Rz46qbbUloD4lCbD

山の奥にひっそりと佇む、一つの建築美。

寛永9年は1632年に再建された三重塔。

この時代に住まうとも、様々なシンパシー・共鳴が伝わってくる。

ふとした時に、こうやって眺めているとなんとなく、気持ちが和らぐのです。